本文へスキップ

二級ボイラー技士 資格取得ガイドで二級ボイラー技士資格取得を目指そう!

二級ボイラー技士 資格取得

ボイラー整備士/二級ボイラー技士資格取得にチャレンジ

ボイラー整備士

一定の大きさを超えるボイラー又は第一種圧力容器の整備の業務を行う際に必要な資格です。



普通ボイラー溶接士になるには

■ 受験資格
1.一定規模以上のボイラー又は第一種圧力容器の整備の補助業務を6ヶ月以上経験した者
2.小規模ボイラー又は小規模第一種圧力容器の整備業務を6ヶ月以上経験した者
3.職業能力開発促進法による職業訓練の内ボイラー運転科を修了した者
なお、ボイラー技士及び上記3に適合する者は、ボイラー及び圧力容器に関する知識の試験科目が免除されます。


■ 免許をうけることができる者
ボイラー整備士免許試験に合格した者


■ 試験科目とその範囲
学科試験
  1. ボイラー及び第一種圧力容器に関する知識
  2. 整備作業に関する知識
  3. 整備作業に使用する機材、薬品などに関する知識
  4. 関係法令

試験に関する詳しい情報は、"(財)安全衛生技術試験協会"及び各"技術センター"にあります。





二級ボイラー技士合格講座

 二級ボイラー技士 講座 生涯学習のユーキャン

 本講座では、「ボイラーを見たことも触ったこともない」方でも、初歩から学べる教材を作成。

大きめの文字で、写真や図などを多用。読みやすく理解しやすく、重要なことを要領よく覚えていくことができます。




 ボイラー技士

廃熱ボイラ(煙管タイプ)
 ボイラー技士 資格

低圧ボイラ 蒸気圧力 1.37MPa

ナビゲーション