本文へスキップ

二級ボイラー技士 資格取得ガイドで二級ボイラー技士資格取得を目指そう!

二級ボイラー技士 資格取得

普通ボイラー溶接士/二級ボイラー技士資格取得にチャレンジ

普通ボイラー溶接士

ボイラー(小型ボイラーを除く。)又は第一種圧力容器(小型圧力容器を除く。)の溶接の業務のうち、溶接部の厚さが25o以下の場合又は管台、フランジ等を取り付ける場合の溶接の業務を行う際に必要な資格です。



普通ボイラー溶接士になるには

■ 受験資格
1年以上溶接作業の経験を有する者


■ 免許をうけることができる者
・普通ボイラー溶接士免許試験に合格した者
・普通ボイラー溶接士免許試験の学科試験の全科目及び実技試験全部の免除を受けることができる者


■ 試験科目とその範囲
学科試験
  1. ボイラー構造及びボイラー用材料
  2. ボイラーの工作及び修繕方法
  3. 溶接施行方法の概要
  4. 溶接棒及び溶接部の性質の概要
  5. 溶接部検査方法の概要
  6. 溶接機器の取扱方法
  7. 溶接作業の安全
  8. 関係法令
実技試験 アーク溶接による実際の溶接作業で
  1. 特別ボイラー溶接士は横向突合せ溶接
  2. 普通ボイラー溶接士は下向及び立向突合せ溶接

試験に関する詳しい情報は、"(財)安全衛生技術試験協会"及び各"技術センター"にあります。





二級ボイラー技士合格講座

 二級ボイラー技士 講座 生涯学習のユーキャン

 本講座では、「ボイラーを見たことも触ったこともない」方でも、初歩から学べる教材を作成。

大きめの文字で、写真や図などを多用。読みやすく理解しやすく、重要なことを要領よく覚えていくことができます。




 ボイラー技士

廃熱ボイラ(煙管タイプ)
 ボイラー技士 資格

低圧ボイラ 蒸気圧力 1.37MPa

ナビゲーション