本文へスキップ

二級ボイラー技士 資格取得ガイドで二級ボイラー技士資格取得を目指そう!

二級ボイラー技士 資格取得

ボイラーの取扱い管理と免許の種類/二級ボイラー技士資格取得にチャレンジ

ボイラーの取扱い管理と免許の種類

ボイラーの取扱い及び管理を的確に行って、その安全を確保するためには、その取扱い作業を指揮し、管理するボイラー取扱作業主任者を選任する必要があります。

ボイラーの区分によってボイラー取扱作業主任者に必要な資格は異なり、その選任基準は以下のとおりです。

取り扱うボイラーの伝熱面積の合計 ボイラー取扱作業主任者の資格
貫流ボイラー以外のボイラー(貫流ボイラー又は廃熱ボイラーを混用する場合を含む。)(注)1、3、4 貫流ボイラーのみ
(注)2、4
1. 500m2以上   特級ボイラー技士
2. 25m2以上500m2未満 250m2未満 特級ボイラー技士
一級ボイラー技士
3. 25m2未満 250m2未満 特級ボイラー技士
一級ボイラー技士
二級ボイラー技士
小規模ボイラーのみを取り扱う場合 蒸気ボイラー(3m2以下)
温水ボイラー(14m2以下)
蒸気ボイラー(胴の内径750mm以下、かつ、胴の長さ1300mm以下)
30m2以下(気水分離器を有するものでは、その内径が400mm以下で、かつ、その内容積が0.4m3以下のものに限る。) 特級ボイラー技士
一級ボイラー技士
二級ボイラー技士
ボイラー取扱技能講習修了者

(注)伝熱面積の合計は、次により算定する。

  1. 貫流ボイラーについては、その伝熱面積に1/10を乗じて得た値をその貫流ボイラーの伝熱面積とする。
  2. 貫流ボイラーのみの場合における伝熱面積は、貫流ボイラーの実際の伝熱面積により表した。
  3. 廃熱ボイラーについては、その伝熱面積に1/2を乗じて得た値をその廃熱ボイラーの伝熱面積とする。
  4. 小規模ボイラーについては、伝熱面積に算入しない。
  5. ボイラーの圧力、温度、水位又は燃焼の状態に異常がある場合に、安全に停止させることのできる自動制御装置を備えたボイラーが複数ある場合は、最大の伝熱面積を有するボイラー以外のボイラーは伝熱面積の合計に算入しない。





二級ボイラー技士合格講座

 二級ボイラー技士 講座 生涯学習のユーキャン

 本講座では、「ボイラーを見たことも触ったこともない」方でも、初歩から学べる教材を作成。

大きめの文字で、写真や図などを多用。読みやすく理解しやすく、重要なことを要領よく覚えていくことができます。




 ボイラー技士

廃熱ボイラ(煙管タイプ)
 ボイラー技士 資格

低圧ボイラ 蒸気圧力 1.37MPa

ナビゲーション