本文へスキップ

二級ボイラー技士 資格取得ガイドで二級ボイラー技士資格取得を目指そう!

二級ボイラー技士 資格取得

二級ボイラー技士になるには/二級ボイラー技士資格取得にチャレンジ

二級ボイラー技士になるには

■ 受験資格
1.学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校等においてボイラーに関する学科を修め3ヶ月以上の実地修習を経た者
2.6ヶ月以上ボイラーの取扱いの実地修習を経た者
3.都道府県労働局長が指定するボイラー実技講習(20時間)を修了した者
4.都道府県労働局長又は登録教習機関が行ったボイラー取扱技能講習を修了し、4ヶ月以上小規模ボイラーを取扱った経験がある者
5.熱管理士免状(エネルギー管理士(熱)免状も該当)を有する者で、1年以上の実地修習を経た者
6.海技士(機関3級以上)免許を受けた者
7.海技士(機関4,5級)の免許を有する者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーの取扱経験者
8.ボイラー・タービン主任技術者(1種,2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーの取扱い経験者
9.保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格したもので、伝熱面積の合計が25u以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
10.鉱山において、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーを取り扱った経験がある者
但しゲージ圧力が0.4MPa以上の蒸気ボイラー又はゲージ圧力0.4MPa以上の温水ボイラーに限る。)


■ 免許をうけることができる者
1.二級ボイラー技士免許試験に合格した者
2.職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)第27条第1項の準則訓練である普通職業訓練のうち、職業能力開発促進法施行規則(昭和44年労働省令第24号)別表第2の訓練科の欄に定める設備管理・運転系ボイラー運転科又は同令別表第4の訓練科の欄に掲げるボイラー運転科の訓練(通信の方法によって行うものを除く。)を修了した者
3.厚生労働大臣が定める者


■ 試験科目とその範囲
試験科目 範囲
ボイラーの構造に関する知識 熱及び蒸気、種類及び型式、主要部分の構造,附属設備及び附属品の構造、自動制御装置
ボイラーの取扱いに関する知識 点火,使用中の留意事項,埋火,附属装置及び附属品の取扱い、ボイラー用水及びその処理、吹出し,清浄作業、点検
燃料及び燃焼に関する知識 燃料の種類、燃焼方式、通風及び通風装置
関係法令 労働安全衛生法、労働安全衛生法施行令及び労働安全衛生規則中の関係条項、ボイラー及び圧力容器安全規則、ボイラー構造規格中の附属設備及び附属品に関する条項




ボイラー実技講習

ボイラー取扱などの経験を得る機会のない方は、ボイラー実技講習を受講・修了することにより、二級ボイラー技士免許試験の受験資格を得られます。

ボイラー実技講習とは、法令で定められた20時間講習のことで、社団法人日本ボイラ協会では都道府県支部ごとに定期的に実施しています。

実技講習の日程、受講料等のお問合わせ又は受講申込みは都道府県支部へどうぞ。




二級ボイラー技士合格講座

 二級ボイラー技士 講座 生涯学習のユーキャン

 本講座では、「ボイラーを見たことも触ったこともない」方でも、初歩から学べる教材を作成。

大きめの文字で、写真や図などを多用。読みやすく理解しやすく、重要なことを要領よく覚えていくことができます。




 ボイラー技士

廃熱ボイラ(煙管タイプ)
 ボイラー技士 資格

低圧ボイラ 蒸気圧力 1.37MPa

ナビゲーション